大阪市西区の歯医者「チームホワイトデンタルクリニック西川歯科」の虫歯・歯周病のページ

  • 06-6448-4618
  • Web診療予約
  • 駅チカ本町駅
  • モデル御用達
  • 女性ドクター
  • メンズホワイトニング
  • 地下鉄肥後橋駅から徒歩3分
  • 地下鉄本町駅から徒歩5分

虫歯・歯周病

  • TOP > 
  • 虫歯・歯周病

虫歯・歯周病から歯を守りたい

虫歯・歯周病から歯を守りたい

お口の病気として身近なものに虫歯・歯周病があります。この2つの病気は、「初期に自覚症状が出にくく、気づいたときにはかなり進行している」という共通点を持っています。しかし、一方で「適切なメインテナンスによって予防が可能」という点もまた同じです。

虫歯・歯周病が悪化すれば、かぎりなく歯を失うことにつながってしまいます。大阪市西区の歯医者「チームホワイトデンタルクリニック西川歯科」なら無痛治療を受けられるので気軽に診察いただけます。

虫歯が仕事に支障を来たす!?

歯に痛みを感じて「虫歯かな?」と思っても、「虫歯くらい……」と歯医者に行くのを先延ばしにしている、という方も多いのではないでしょうか。しかし、それはご自身にとってよいことではありません。なぜなら虫歯は、わずかな痛みに気づいたときにすぐ歯医者に行けば、治療を簡単に終えることができますが、放置すればするほど治療を難しくしてしまうからです。

【当院では無痛治療に取り組んでいます】

「歯科治療の痛みが苦手」という理由で歯医者を避けている方は少なくありません。当院では、麻酔時に生じる痛みを分析して以下のことに配慮することで、痛みが少ない無痛治療に取り組んでいます。

1)患者様ができるだけリラックスできるような環境づくりに努めています。 【当院では無痛治療に取り組んでいます】
2)麻酔薬が体内に入るときに体温と差があると痛みを感じやすいため、あらかじめ温めたうえで麻酔を注入しています。
3)麻酔針が刺さるときの痛みをなくす、塗る麻酔「表面麻酔」を施します。 【当院では無痛治療に取り組んでいます】
4)麻酔針は通常のものより細いものを使用し、刺さるときの刺激を和らげます。 【当院では無痛治療に取り組んでいます】
5)麻酔薬はできるだけゆっくり、やさしく注入します。

当院であれば、他院の治療で感じていた歯科治療における痛みを緩和できます。まずは一度、お気軽にご相談ください。

放置して虫歯が歯の奥の神経まで進行してしまえば、強い痛みが現れます。そうなれば、痛みゆえに寝不足になったり、仕事に手がつかなくなってしまったりすることも容易に予想できます。つまり仕事をきちんと進めるためにも、治療は先延ばしにせず、たとえば半休を取ってでもすぐに開始することが大切になるのです。

虫歯の進行に伴う問題
進行段階 治療 問題
【小さい虫歯】
【小さい虫歯】
虫歯菌に冒された歯質を小さく削り、詰め物で補います。 この段階なら、治療は簡単に終わるため、日常生活に問題は生じません。ただし、この段階を逃すと自然に治ることがないためどんどん悪化してしまいます。
【大きい虫歯】
【大きい虫歯】
虫歯菌に冒された歯質を大きく削り、被せ物で補います。 ここまで虫歯が進行してしまうと痛みが気になり、仕事にも支障が出始めます。また治療は難しくなり、通院回数も増えてしまいます。
【神経まで達した虫歯】
【神経まで達した虫歯】
虫歯が歯の奥の神経まで達してしまうと、神経を取り除く「根管(こんかん)治療」が必要です。取り除いた後には被せ物で補います。この治療は長期化することもあります。 何もしなくても常に激しい痛みがあり、夜は眠れず、仕事にも手がつかなくなってしまいます。根管治療が始まれば、通院時間の確保にも悩まされるでしょう。

歯周病の問題は「見た目の悪化」「口臭」などさまざま

歯周病の問題は「見た目の悪化」「口臭」などさまざま

歯周病はお口の中に棲みつく歯周病菌が歯肉に影響して炎症を起こすことからはじまる感染症。進行すると歯を支える歯肉や顎の骨を徐々に溶かしていき、それを放置すれば歯は抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病菌はブラッシング不足によってお口の中が汚れた状態になると、どんどん繁殖していきます。日本では30歳以上の方の約80%が歯周病にかかっているといわれており、もはや他人ごとではありません。

歯周病の進行段階と見た目の悪化
健康な状態 歯肉炎
(軽度歯周病)
歯周炎
(重度歯周病)
健康な状態 歯肉炎(軽度歯周病) 歯周炎(重度歯周病)

歯周病は、歯肉に炎症が起きた状態を「歯肉炎」、さらに進んで歯肉や顎の骨の溶解がはじまると「歯周炎」と分類されます。歯周病が悪化すると、口元の見た目が悪くなる上に口臭も発生するなど、さまざまな問題が生じます。歯肉炎の段階で進行を食い止めることが大切なので、日ごろから定期検診を受けて予防することで早期発見・早期治療に努めましょう。

歯周病チェックリスト~あなたは大丈夫ですか?~

次の症状に覚えはありませんか? 一度チェックしてみましょう。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • ブラッシングすると出血する
  • 他人から口臭を指摘されたことがある
  • 食事をすると、歯と歯の間に食べ物がよくはさまる
  • 歯がグラグラする

この中で2つ以上当てはまる項目があれば、歯周病である可能性が高いといえます。とくに最後の「歯がグラグラする」に覚えがある方は、歯周病がすでにかなり進行していることが疑われます。すぐに当院までご相談ください。

歯周病の悪化が口元の印象を悪くする

歯周病の悪化が口元の印象を悪くする

ビジネスシーンにおいて、第一印象はとても大切なものです。印象を強く左右するのは、もちろん「顔」。その中で「口元」はとても重要なパーツです。たとえば白く輝くきれいな歯並びがのぞく、口角の上がった笑顔は、ビジネスシーンでの大きな武器になるでしょう。

歯周病が悪化してしまうと、口元の印象を悪くしてしまう恐れがあります。以下の症状は歯周病の悪化が原因かもしれません。

  • 歯と歯の間が広がる
  • 歯が伸びたように見える
  • 歯並びが乱れる
  • 最悪の場合には抜歯し、歯がない部分ができる  など

上記のような口元はとても清潔感があるようには見えません。さらに歯周病には、口臭が伴います。「口元の見た目が悪い」「口臭がある」そんなビジネスマンには、「また会いたい」とは思ってくれないかもしれません。自信を持ってビジネスシーンに臨むために。「自分の口元を意識してみる」ことから始めましょう。

虫歯・歯周病は適切なメインテナンスによって予防できる病気ですチームホワイトデンタルクリニック西川歯科の予防歯科・クリーニングについて詳しくはこちら